ENG JPN

リビングレジェンド、Andrew Weatherallが肺血栓塞栓症により逝去

享年56歳

 

 

イギリスのリビングレジェンドDJ / プロデューサーのAndrew Weatherallが2月17日午前、入院先のホイップス・クロス病院で亡くなった。享年56歳。

 

肺血栓塞栓症の治療の為に入院していたAndrew Weatherallだったが、血栓が心臓に達したことことにより帰らぬ人となってしまったようだ。家族や友人は深い悲しみに包まれ、今も気持ちの整理がつかない状況とのこと。

 

Andrew Weatherallは、DJや個人の活動以外にも、1990年にPrimal Screamの代表曲「Loaded」を手がけ、その「Loaded」が収録されたPrimal Screamの出世作『Screamadelica』をプロデュース、またBjörk、New Order、Happy Mondays、Saint Etienne、 My Bloody Valentineなどのリミックスも手がけてきた。UKのダンスミュージックカルチャーに多大な影響を及ぼしたリビングレジェンドの突然の訃報に、現在日本を含む世界中から悲しみの声が上がっている。ご冥福をお祈りします。

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more