ENG JPN

永遠に続くゴシック・ディストピア|Ptwiggsのジャパンツアー全詳細が発表

2/21、2/23、2/26

 

 

2018年、ロンドンのSSW / ベッドルームダンサーCéciと共にジャパンツアーを敢行したシドニーのプロデューサーPtwiggsが日本を含むアジアツアーを発表。今回、再来日ツアーの全詳細が出揃った。

 

昨年末に、UK拠点のStephen Bishop(Basic House)主宰のエレクトロニック・レーベル〈Opal Tapes〉から2nd EPDarkening Of Light』を発表したPtwiggsは、さらに深化した音像を手に入れたようだ。一筋の光のような自身を声を大胆に取り入れ、永遠に(ETERNAL)続くゴシックディストピアを我々に共有してくれる。

 

東京公演では2月21日「Sexualnoise」、2月26日「K/A/T/O MASSACRE」。「Sexualnoise」では〈dosing〉クルーやSakura Tsurutaなどに加え、多方面に侵食するビジュアルアーティスト / DJ / パーティーバラモンのJACKSON kakiも出演。今回のフライヤーもJACKSON kakiが手がけている。「K/A/T/O MASSACRE」では、waterhouse、wristboi、lIlI、空蝉などに加え、剤電がV系セットでラインナップ。

 

2月23日の神戸Otohatobaで開催される「Subversion」では、Ptwiggsと楽曲「Gym」で共作し、〈Genome 6.66Mbp〉を筆頭に先鋭的なレーベルから作品をリリース、リスナーだけでなくアーティストからも熱烈な支持を浴びるYoshitaka Hikawa、「12Sodomy」にてPtwiggsの初来日を成功させ、幅広いカルチャーへの造詣を元に生み出される鮮やかな感性が異彩を放ち、先日のCECILIA来日公演もサポートを行なったΨυχή、レーベル/ショップ〈PURE VOYAGE〉から2作のEPをリリースし、R&Bとエレクトロニックの境界を撹乱する新時代のポップ・ミュージックを奏でるシンガーDove、神戸を中心に活動し、ノイズ~エクスペリメンタルを瑞々しい感覚にて紡ぎ出すDJ・ペインターAkane、服への強い愛情と彼女の飾らない人柄が感じられる古着屋〈ririn yu rusty〉オーナーであるHanai Nakatani、そしてLa RepriseSubversionを共同で主宰するYUKI PACIFICが出演する。

 

 

 

Sexualnoise X Ptwiggs 2020TYO

2020.2.21 (fri)

VENUE Lounge NEO

OPEN 23:00 / CLOSE 5:00

DOOR: 2000  ADV:1500 U23 1000

 

Specialguest:

Ptwiggs -live set-

 

DJ:

JNYA

SteffenYoshiki b2b Calumecs

Sakura Tsuruta

Elena Midori

JACKSON kaki

 

LIVE:

YXKI

 

artwork:

JACKSON kaki

 

 

Subversion vol.2

Ptwiggs X Yoshitaka Hikawa

2020.2.23 SUN

VENUE Otohatoba

START: 18:00

2,000 yen +1D

 

ACT:

Ptwiggs

Yoshitaka Hikawa

Ψυχή

Dove

Akane

Hanai Nakatani

YUKI PACIFIC

 

———————————

 

2/26(wed)

K/A/T/O MASSACRE vol.261

VENUE FORESTLIMIT

OPEN 19:00

¥2000 (incl.1drink)

 

special guest

ptwiggs(DJ set)

waterhouse

wristboi

 

LIVE

Gigandect

 

DJ

lIlI

空蝉

剤電(V-kei set)

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2020/02/25

MAKA & SATORU interview

足利の最強コンビがアンダーグラウンドから矢を放つ
 more

2020/02/19

♡ LOVELESS WITH ROLAND ♡ |ROLANDは愛の救世主

by YUEN HSIEH / DAZED CHINA more

2020/02/04

Rave Traveller in South London

サウスロンドンで見たある夜の思い出
 more