ENG JPN

Okay Vivian interview

燃えて、崩れて、散り散りになりたい

 

 

Okay Vivianは、トルコのアンカラを拠点にするシンガーソングライターPervin Güzeldereのプロジェクト。実験的でミニマルなトラックに散り散りになった言葉を余白たっぷりに歌う。2018年頃から同じくアンカラのインディペンデントレーベル〈Table Records〉から作品をリリースし始め、昨年末にはIC3PEAKのアンカラ公演でオープニングアクトを務め、その活動はじょじょに注目され始めている。2月4日にはポーランド・ワルシャワの先鋭レーベル〈IA〉から新作EP『Diamond Sparks For Eyes』をリリースするOkay Vivianにいくつか質問をしてみた。さらに自身が手がけたEPのタイトル曲のMVをプレミア公開。

 

 

– あなたの歴史を教えてください。

 

Okay Vivian – 私はトルコのアンカラで生まれて今でもそこに住んでる。住むには、驚くほどつまらない都市ね。でも、興奮できるものを自分で作るように駆り立ててくれるのが良い点かもしれない。音楽を作り始めたのは、まず作詞から。そのほとんどは、”怒り”、”愛”、”孤独”をベースにしてるの。こういうのって言葉にするのが難しい感情でしょ。それか全く経験しないので真似をする感情のどちらかかな。最初の方はただ歌を歌ってただけだったんだけど、私はもっとコントロールしたい人なの。だからAbletonでトラックも作り出した。

 

– 今回のEP『Diamond Sparks For Eyes』について聞かせてください。

 

Okay Vivian – 言葉の収集、詩の収集、ばらばらにして再構築すること、直感と関連性の余地を持たせること。この作品をレイヤー、そして肌と同じ色をした生地の層として私は思い浮かべている。レイヤーは半透明だけど、たくさんあるから下にあるものが見えない。見る人によって形が変わるの。

 

 

– 制作過程をどういったものでしたか。

 

Okay Vivian – 1年もかかって、難しいプロセスだった。最初はいつも、感情や収集していたアイデアが爆発して、それが土台となるの。トラックに関してはほとんどが短い期間で作り終えたけど。でも、スケッチとしてしばらく距離を置いて、別の視点から見えるようにした。私にとって、スペースを空けるのは、制作のプロセスと同じぐらい大事なこと。その後、流れている時に記録した感情の爆発と新しいアイデアを結びつける。ミキシングとマスタリングでは友人のExitpinkと一緒にしたわ。彼の辛抱強さと優しい努力にとっても感謝してる。

 

 

– 特にトルコなど、自分がその一部となっているシーンについてどう思いますか?

 

Okay Vivian – 私は常にとても孤立した人。だから、シーンの中に身を置くことができない。でも、音楽をシェアし始めてから出会った人たちはすごく私を助けてくれる。〈IA〉には感謝しかないわ。彼らの作品には心から尊敬してるし、本当に素晴らしい人たちよ。

 

– 普段は何をしてますか?

 

Okay Vivian – イルカのドキュメンタリーを観てる。

 

– 将来への願いと考えを聞かせてください

 

Okay Vivian – 燃えて、崩れて、散り散りになりたい。

 

 

Okay Vivian – “Diamond Sparks For Eyes”

1. Diamond Sparks For Eyes

2. The Cost Buried Beneath

3. Shield

4. Downer Journal / My Inside Out

5. Summers

Release date : Feb 4 2020

 

 

– Can you tell me about your personal history, how did you get into making music?

 

Okay Vivian – I was born and still living in Ankara. Which is an incredibly dull city to live in. But it’s good because it pushed me to create something exciting myself. I started making music by writing lyrics mostly coming out of rage, love and loneliness. They were the feelings either I find difficult to speak out or feelings I don’t experience at all so I imitate.

 

First I was singing and composing. But due to my control freak nature I wanted to produce myself, started experimenting with Ableton.

 

– What is the concept behind your EP “Diamond Sparks For Eyes”?

 

Okay Vivian – Collecting words, collecting poems, tearing them down then reconstructing, leaving room for intuition and relativity.
I visualize this record as layers and layers of skin colored fabrics.
Translucent in nature but with so many layers, they can hide something beneath.
Something that reshapes when touched by a spectators glance.

 

– Please tell me the process of production of “Diamond Sparks For Eyes”?

 

Okay Vivian – It has been a challenging 1 year process. At first it’s always like a burst of emotions and ideas I’ve been collecting which forms the foundation. I made all the tracks in a rather short time. But I left them as sketches for a while to create a certain distance and to be able to see them from a different perspective. For me the space I leave is as valuable as the creating process. Then I got back with fresh ideas, intertwine them with the burst of emotions I recorded when they were bleeding.

 

On mix and mastering I worked together with my friend Exitpink. So special credit to him for his patience and kind efforts.

 

– What do you think about the scene that you’re a part of? Turkish, IA.

 

Okay Vivian – I’ve always been a very much isolated person so can’t really place myself in a scene. But the people I’ve come across since I’ve started sharing my music have been very supporting.

 

Big thanks to IA, I admire their work sincerely + they are lovely people.

 

– Usually what do you do?

 

Okay Vivian – I watch dolphin documentaries.

 

– What are your hopes and thoughts for the future?

 

Okay Vivian – I wish to blaze, crumble and scatter.

 

category:FEATURE

tags: /

RELATED

FEATURE

2020/09/29

リメイクされたバーチャル渋谷PARCOで「AVYSS GAZE vol.4 Exhibition -Remake-」が開催

期間:9/29〜10/6 more

2020/09/18

AVYSS GAZEが、JUN INAGAWA、BBBBBBB、Masatoo Hiranoとのコラボアイテムを公開

トレイラーや仮想世界URLも公開 more

2020/09/17

Mass Infection Virtual Gig Report

JUBEEがバーチャル空間で見せた新しいエンターテインメントの可能性
 more