ENG JPN

Loyalty XIX interview

暗闇と悪夢の美しさ

 

 

スペイン・マドリードを拠点にするプロデューサーLoyalty XIXは、DJ Heroinとのコラボレーションや〈TAR〉からのリリースを経て、先月新作EP『Catrialis』を〈angoisse〉からリリース。マスタリングはJesse Osborne Lanthierが担当。11月22日には、バレンシアにてLouis Me (Jerome / Daga)、Otro (Midlife)、David M. Romero (angoisse)を迎えて本作のリリースパーティーが開催されている。今回は〈angoisse〉の協力の元、Loyalty XIXにインタビューを行った。

 

 

– どのように育ち、今までどんな道を辿ってきたのでしょうか?

 

Loyalty XIX – スペイン南部で育って、13歳の時マドリードに引っ越したんだ。その後16歳でアメリカに行って、マイアミとプエルトリコを行き来して4年間過ごした。それからもいろいろな所で過ごしたんだけど、今はマドリードに戻っていて、ここでグループDagaと何か特別なものを創りたいと思ってるよ。

 

– 楽曲制作を始めたきっかけは?

 

Loyalty XIX – 音楽にはずっと興味があって、ジャンルには関係なく興味を引かれたものは片っ端から聴いていたね。10代の頃は両親の聴いていたヘビーメタル、クラシックラップ、ソウル、ファンクなんかを何でも聴いてたよ。今もそうだけど参考になるような楽曲はたくさんあった。親友が僕のコンピューターに音楽のソフトウェアをインストールしてくれて、そこから曲を作り始めたって感じかな。

 

 

– 今回のEP『Catrialis』のどんな作品になりました?

 

Loyalty XIX – このEPには、僕の傍らにあった最近の作品から、暗闇や悪夢を思わせる美しさやサウンドを取り入れたかったんだ。僕はプロデューサーとして自分が行きたいところ、近づきたいところを表すようなサウンドをいつも探している。『Catrialis』では自分の思っていたことができたと思う。その表現にはとても満足しているよ。

 

– 今作はどのようなプロセスで制作されたのですか?

 

Loyalty XIX – 僕は曲作りにすごく迷っていて、やる気も起きず、自分のやってることに何の興味も持てなかった。そこで、やりたくないことや誇りの持てないことを無理にやるのは止めたんだ。今年になってようやくもう一度曲を作る気になった。僕の傍らには完成した、あるいはやりかけの曲やプロジェクトがいっぱいあったから、そこから「Catrialis」に入れるものを選んだんだ。

 

 

– 普段はどんなふうに過ごしていますか?

 

Loyalty XIX – モーショングラフィックスのデザイナーとして働いて、時間があれば曲を作っているよ。

 

– 今後の計画は?

 

Loyalty XIX – 音楽について言えば、僕が聴いて楽しんでる人たちの音楽をローカルシーンに持ってきたいと思っている。アンダーグラウンドミュージックのプロデューサーやDJたちをもっとスペインに呼びたいんだ。2020年には2019年よりたくさんの楽曲をリリースする予定だよ。それから2020年にはツアーもできればいいと思ってる。

 

– 理想の将来はどんなもの?

 

Loyalty XIX – やりたいことをやって、できるだけハッピーでいること。

 

 

〈Original〉

 

– Please tell me about your childhood. / Can you tell us about your personal history

 

Loyalty XIX – I was raised in southern Spain. Later at 13 years old I moved to the Madrid. And then at 16 y/o I moved to United States where I spent 4 years between Miami and Puerto Rico.
I’ve been moving since then but now I’m back in Madrid, where I want to create something special with my collective Daga.

 

– How did you get into making music?

 

Loyalty XIX – I was always interested in music. No matter the genre, I listened to everything that caught my attention. In my teenager days I listened to

all kind of heavy metal, classic rap, and soul and funk from my parents. I was discovering a lot of music references, just like now. My best friend installed a music software on my computer and I’ve been producing music since then.

 

– What is the concept behind your EP “Catrialis” ?

 

Loyalty XIX – I wanted to put the darkness and nightmarish aesthetic and sounds from my latest production aside. I’m always in search of a sound that defines

where I want to go or where I want to approach as a producer. With Catrialis I think I did what I had in mind and I’m very happy how it came out.

 

– Please tell me the process of production of “Catrialis” ?

 

Loyalty XIX – I was pretty lost making music and demotivated. I didn’t find anything interesting in what I was doing, so that’s why I stopped pushing myself to

something I wasn’t happy or proud of. This year I did finally find the motivation to start making tracks again so after finding myself with a bunch of finished and unfinished tracks and projects, I selected the ones that would be part of ‘Catrialis’.

 

– Usually what do you do?



Loyalty XIX – I work as a motion graphic designer and make music when I have time.

 

Do you have any future plans?

 

Loyalty XIX – Musically speaking I’d love to bring people I enjoy listening to the local scene. Bring more underground music producers and DJ’s to

Spain. I plan to release more music in 2020 that I did in 2019. And hopefully make a tour in 2020.

 

– What would your ideal future be like?

 

Loyalty XIX – Being the happiest possible, doing what I love.

 

category:FEATURE

tags: /

RELATED

FEATURE

2019/12/28

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY3-

2019年、印象に残った5曲 more

2019/12/27

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY2-

2019年、印象に残った5曲 more

2019/12/26

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY1-

2019年、印象に残った5曲 more