ENG JPN

新世代のカリスマYves Tumorを迎えたカルトパーティ〈Neoplasia〉フル・ラインナップ発表

12月14日開催

 

 

新世代のカリスマYves Tumorを迎えたspeedy lee genesis主催のカルト・パーティ〈Neoplasia〉第3回のフル・ラインナップが公開。追加出演者はAya Gloomy、Takao、MIRA 新伝統、スポーツガーデンひ、eminemsaiko。2020年に応用できるヒントが詰まった、一筋の風のようなパーティが開催。

 

以下Neoplasiaより————

 

Yves Tumorの来日公演として開催がアナウンスされたイベント、Neoplasia3のフル・ラインナップが発表された。

 

LIVE

Yves Tumor [WARP / US]

Aya Gloomy

Takao

MIRA 新伝統

DJ

スポーツガーデンひ

eminemsaiko

speedy lee genesis

 

Yves Tumorを中心に、複雑なテクスチャーを内包する出演者たちが集うこととなったNeoplasia3。一見散漫にも思えるが、全方位に向け観覧的に楽しめる仕様になっているとのこと。

 

東京のDJspeedy lee genesisにより過去二度WWWβにて敢行された謎のパーティーNeoplasia。待望の三度目は、「Prelude 2020 Version」と題した特別編としてWWWWWWβ両フロアを解放し深夜開催される。

 

今年も残すところあとわずか。2020年に応用できるヒントが詰まった、一筋の風のようなパーティを楽しもう。

 

なおTakaoのパフォーマンスは、Neoplasia3限定のエクスクルーシブなライブapplication for 2020 setとなります。またWWWβフロアはsuper simplified flatstageの特殊演出にてDJが行われる予定。

 

Takao – application for 2020 set

eminemsaiko & speedy lee genesis – set for super simplified flatstage

 

 

主催speedy lee genesis (Neoplasia)より————

 

何かに触れたとき、私たちが抱く一瞬の自己言及的モノローグ

私たちは独白を喪失した

デコードできないあらゆるローグが手のひらから流れ落ちている

時代が、環境が、他人が、私たちをそうさせた?

言葉にできない魂の呼応が、身体を貫く瞬間を求めたい

ディス・コミュニケーションの可能性

それは対話ではない

それは音楽の中にある

Neoplasia3 – Prelude 2020 Version – は個人のモノローグを見つめ暴走する

 

 

Neoplasia3 – Prelude 2020 Version –

2019/12/14 sat at WWW / WWWβ

OPEN / START 24:00

ADV ¥2,800+1D | DOOR ¥3,500+1D | U25 ¥2,500+1D

Ticket Outlet: e+ / Resident Advisor

 

LIVE:

Yves Tumor [WARP / US]

Aya Gloomy – LIVE

Takao – application for 2020 set –

MIRA 新伝統

 

DJ:

スポーツガーデンひ

eminemsaiko

speedy lee genesis

 

promoted by Local XX World

 

協力: Beatink

You must be 20 or over with Photo ID to enter.

 

【詳細リンク】https://www-shibuya.jp/schedule/011881.php

【前売リンク】https://www.residentadvisor.net/events/1347430

 

 

Yves Tumor [WARP / US]

Yves Tumorとは?紐解いてください。グロテスクな美しいマトリョーシカ人形の、ひび割れて歪んだ中身のように、空間とペルソナが溢れ出す。ゴシック・サウンドスケープ・オートチュール?語りきれない。そう、その音楽が全てを語る。

 

Yves Tumorがステージに現れた姿。ハウリングしたサイバーパンクの悪魔に引き裂かれ、記録のアウトプットがフィルターされ、古典的なソングライティングとロボット化されたエクスペリメンタル・サウンドの万華鏡へと誘われる。

 

音楽を聴き、その二重性がほんの少し開かれる時、暗示やイメージは音楽や歌詞から解析され、そのすべては完璧なポップへとフォーカスする。

 

 

 

Aya Gloomy

東京都出身。16歳から独学で音楽制作をはじめ、以来作詞作曲アートワーク、独特なファッションまで全てを自身でプロデュースしている。

2017年、原宿BIG LOVE RecordsからファーストEP Ennui Ground 」を、翌年初のフルアルバム 「陸の孤島」を共に12inch レコードでリリース。

2019年自主EPKANJIRU リリース。

 

 

 

Takao

1992年生まれ神奈川県出身。2018年に大阪のEM Recordsからフルアルバム「Stealth」をLP,CD.デジタルでリリース。

その他、odd eyes remixアルバム「REFLECTION PORTRAIT」、蓮沼執太フィル「ANTHROPOCENE (アントロポセン)」の店舗別特典(remix CD)Slow EditionsSound Journal:Do-Nothingへ参加。

 

 

 

MIRA 新伝統 (Raphael Leray / Honami Higuchi)

Audio / Visual / Performance

20192 AMENより”TORQUE” 短編映画・サウンドトラックをリリース

AQNB / SOUL FEEDER / TONE SHIFT / SBVRSV PRESS / A CLOSER LISTEN にて評価を得る

 

 

 

スポーツガーデンひ

20154月からtwitterを利用しており現在1959人をフォローし3094人のフォロワーの皆さまにいつも元気と知恵を分けてもらっています。感謝。野に咲く花のように 風に吹かれて 野に咲く花のように人をさわやかにして

 

 

eminemsaiko

DJ12/17(火)、PrivateSaikoあります。

 

http://losapson.shop-pro.jp/?pid=132982500

 

 

speedy lee genesis

speedy lee genesisはフレッシュな様式美を捉えるDJ・演出家です。メインパーティーはNeoplasia(東京)です。

 

category:NEWS

tags: / /

RELATED

FEATURE