ENG JPN

ギリシャ神話とSFの間に|Ekmanの新作『A Pastime for Semi Gods』から「End Title」が公開

11月22日リリース

 

 

〈The Trilogy Tapes〉や〈Berceuse Heroique〉からのリリースでも知られるオランダの怪人Ekmanが、Salem Rashidが主宰する〈Bedouin Records〉から今月22日にニューアルバム『A Pastime for Semi Gods』をリリースする。

 

本作からアルバムラストに収録されている「End Title」をプレミア公開。”クラシックなギリシャ神話とSFの中間”と説明された作品は、歪んだキックと時にメロディを奏でる冷たい感触のシンセワークが、深く物悲しい霧の向こう側で途切れなく物語を展開。本作のアートワークはKei Sasaki、デザインはZodiak、マスタリングはGoth Tradが担当。

 

Pre-Orderはこちら

 

 

 

Ekman – “A Pastime for Semi Gods”
1. Open
2. Thinking Code
3. If Than Else
4. A Pastime for Semi Gods
5. Metamemory
6. Margin of Error
7. To See You This Way
8. No More Conditional Elements
9. End Title

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more

2022/10/19

AVYSS Circle x NEWVIEW CYPHER REPORT – a子とe5のまなざしから

ライブ+AR体験レポート
 more