ENG JPN

NTsKiと7FOによるコラボレーションシングル「D’Ya Hear Me! e​.​p.」が発表

Bim One ProductionとCVNのリミックス収録

 

 

〈TAR〉から食品まつり a.k.a foodmanとのコラボ楽曲を発表、田我流の3rdアルバム『Ride On Time』へ参加など、多方面から注目を集める新世代SSW/プロデューサー、NTsKiと、〈RVNG Intl.〉や〈Bokeh Versions〉からのリリースでお馴染みの浄土ニューエイジ・ダブ・アーティスト、7FOのコラボレーション・シングル「D’Ya Hear Me! e​.​p.」が発表。

 

この異色のコンビが今も愛され続ける80sポストパンク名曲、ブレンダ・レイ「ドゥヤ・ヒア・ミー!」を怪しくもドリーミーな似非ラヴァーズ・ロックにダブ・アップ。Bim One Productionと、CVNのリミックス2曲もカップリングしたアーバン・ミュージック・ラヴァーへ捧げる似非エレクトリック・ラヴァーズDUBチューンEP。7FOが担当した妙なタイム感を持つオケの暖かみと破壊的ユルさはファンの期待を裏切らないが、どこか不気味さの漂うNTsKiのウィスパリング・ヴォーカルが乗った瞬間、怪しくもドリーミーな似非ラヴァーズ・ロック・チューンに化学変化。DIYな打ち込み&ギターで歌われたオリジナル版とは全く景色の違うこのエレクトリック・ダブ・アップ・グルーヴは、ジャマイカを遠く離れ<各国訛りのDUB>が増殖していく現在、これぞ<日本訛りのDUBアップ>の極北ともいえる。このチューンをダンスホールDJセットのど真ん中に連れてくる匠の技REMIXを施したのは、通称”ビムワン”としてベース・ミュージック界にその名を轟かせるエレクトロ・レゲエ・リズム・プロダクション、Bim One Production。さらにOrange Milkからアルバム(※NTsKiをヴォーカルにフィーチャー)を発表したエレクトロニック・ミュージック・プロデューサー、CVNによるリミックス。CVNの一面であるノイズ〜インダストリアル・センスをアクセントに利かせるハード&スタイリッシュなREMIXで、どこか80sの4ADを連想させる仕上がりが新鮮。

 

Pre-Orderはこちら。10月28日に〈EM Records〉から10インチレコード / CD / デジタルでリリース。

 

 

NTsKi + 7FO – “D’Ya Hear Me! e.p.”

01. D’Ya Hear Me!

02. D’Ya Hear Me!(Karaoke)

03. D’Ya Hear Me! (Bim One Production Remix)

04. D’Ya Hear Me! (CVN Remix)

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more