ENG JPN

LAビートシーンのパイオニアでBrainfeederの共同設立者の1人 Ras Gが死去

享年39歳。

 

 

ヒップホップ、ダブ、ジャズ、宇宙。スモーキーかつユニークなビートを生み出すLAビートシーンのDJ / プロデューサーRas Gが39歳の若さで亡くなった。

 

サウスセントラルで育ったRas Gは、E-muのサンプラーSP-1200と出会ったことでビートメイカーの道を切り開いていった。Flying Lotusが主宰するレーベル〈Brainfeeder〉の共同設立者の1人となり、昨年12年の歴史に幕を閉じたLAの伝説的パーティー「Low End Theory」に幾度も出演してきた。MatthewDavid主宰の〈Leaving Records〉、〈Stones Throw〉などからリリースされた作品の数々は、世界中のファンに愛されている。2014年には日本の〈Black Smoker Records〉からもMix CD『Mercury Retro Faded』をリリースしている。

 

昨年12月から体調を崩していたとのことだが、現時点で死因は明らかになっていない。

 

 

category:NEWS

tags: / /

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more