ENG JPN

H0L0のレジデントでもあるQUALIATIKのデビューEP『Discarnate』がリリース

自主レーベルPsychoid Devicesより。

 

by Kristen-Felicetti

 

ニューヨークを拠点にするヴィジュアルアーティスト/タトゥーアーティスト/プロデューサー/シンガーであるQUALIATIKのデビューEP『Discarnate』を自身が主宰する〈Psychoid Devices〉からリリース。

 

今年3月にはSwan Meatとのコラボレーション曲を発表、5月には『Discarnate』に収録の「Mother Tongue」のビデオを公開している。QUALIATIKはNYのコレクティブ〈UNSEELIE〉に所属し、ブルックリンのエレクトロニックミュージックの発信源となるヴェニューH0L0においてレジデントDJとしても活動している。本作のリリースパーティーはEartheater、Swan Meat、YATTAなどを迎えてすでに行われており、今後は7月にチェコで開催されるCreepy Teepee Festivalへの出演も含むEUツアーが控えている。

 

デジタルの購入はこちら

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2020/01/27

「全く過去に結びつかない映画」|『ジェシカ』(原題:JESSICA FOREVER)review

今の感覚のカップルが作り上げた孤独な墓碑
 more

2019/12/28

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY3-

2019年、印象に残った5曲 more

2019/12/27

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY2-

2019年、印象に残った5曲 more