銃声で制作された反戦ダブ|Seekersinternationalが新作『The Guncontrolla』をリリース

ロングトラック2曲入り。

 

 

〈Bokeh Versions〉や〈No Corner〉からもリリースを重ねるリッチモンドのSeekersinternationalは、独特なダブとコラージュでエクスペリメンタルやダンスミュージックを作っている。とてもミステリアスでネットで情報を探してもそれが真実かはわからない事もあるが、Abletonのサイトに掲載されたインタビューによると、なんと90年代半ばから活動しているらしい。

 

今回リリースされた新作『The Guncontrolla』の中心になっているのは銃声のサンプリングである。Glock 34、M1 Garandといった銃声を解体、加工、編集し、全体のサウンドの中心にそれを置いている。ロングトラック2曲を収録した本作は平和への願いが込められている、とのこと。

 

Boomkatでの購入はこちら

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more