ENG JPN

James Ferraroがニューアルバム『Requiem for Recycled Earth』を発表

5月3日、bandcampにてリリース。

 

 

2015年、共同設立者Barron Machatの死と共にその歴史に幕を閉じた伝説的レーベルHippos In Tanks。White Car、Laurel Halo、Arca、Games、Gatekeeper、Nguzunguzu、SLEEP ∞ OVER、d’Eon、Hype Williams、Dean Blunt、Inga Copelandなど、挙げればキリがないほどの傑作を世に送り出してきた。そんな中でもJames FerraroがHippos In Tanksからリリースした4つのアルバム『Far Side Virtual』『Sushi』『Cold』『NYC, Hell 3:00 AM』は特に印象深い。無数にある別名義やサイドプロジェクト、Dean BluntやYves TumorことSean Bowieらと共に2010年代を代表するアーティストでありながら、いまだにミステリアスな存在のままでいるJames Ferraro。

 

そんなJames Ferraroのニューアルバム『Requiem for Recycled Earth』がリリース決定。5月3日、自身のbandcampにてリリースされる。2016作『Human Story 3』のカセットがまだ届かないと訴える日本のファンも多いが、今の所フィジカルのアナウンスはされていない。

 

Pre-Orderはこちら

 

 

James Ferraro – Requiem for Recycled Earth

01. Embryo

02. No Future

03. Airless Matrix

04. Xerces Blau

05. Deleted Biosphere

06. Omega-Generation

07. Cyber Seed

08. Chemical Death

09. Weapon

10. Recycled Sky

11. Malign Blossom

12. Gaia Wept Effluent

13. Spawn of Hate

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more