ENG JPN

forestlimitの9周年を記念したパーティーが開催

幡ヶ谷にある日本を代表するオルタナティブスペースが9周年。

 

 

幡ヶ谷にあるクラブ/オルタナティブスペース forestlimit は国内外のインディペンデントベースで活動するミュージシャン、DJなどがイベントを開催している。そのどれもが先鋭的な表現で、鬱陶しく古いボーダーはそこには無い。文字通りフラットな舞台で日々繰り広げられるそれぞれの表現をまずは体感してみよう。

 

 

以下、info

 

4/17(水) – 4/18(木)は毎週、帯で行なっている2つのパーティーを前夜祭、 4/19(金) – 4/21(日)を9周年本祭とし、4/23(火) – 5/3(金)を「The other side of the coin」と銘打ち、いつもforestlimitでパーティーをしている大切な友人達が9周年を祝ってくれる内容になります。

 

4/18(木) idealaにはハードディガーJapan Bluesが登場。4/19(金) – 4/21(日) 9周年本祭は以下記載にあるメンツの通り、若手からベテランまでセンスある豪華な内容です。4/27(土) は文字どおりTREKKIE TRAXとTECHNOWOLFによるパーティー、4/28(日) はChee Shimizuも出演するGINJIによるSACRIFICE、4/29(月) brownyはKABUTO、pAradiceが出演してのダンスパーティー、4/30 はUltrafog、Rafto、Mari Sakuraiによる最後の開催になるIN HA。

 

 

BEGINNING

4.17 day1 「K/A/T/O MASSACRE vol.217」

4.18 day2 「ideala」

 

4/19 Fri FL9th anniv day 1

「Isn’t it?」

OPEN:20:00〜

ENT: 1,800jpy +1 drink

 

LIVE:

TEXACO LEATHERMAN

2MUCH CREW

CARRE

テンテンコ

 

DJ:

Aquarium aka 外神田deepspace

speedy lee genesis

whatman

DJ SOYBEANS

 

4/20 Sat FL9th anniv day 2

「party never ends」

OPEN: 6:00〜23:59

ENT: 1,800jpy +1 drink

 

ACTS:

Tohru Takahashi

COMPUMA

KZA

DJ KURI

CMT

DNT

okadada

changsie

Mari Sakurai

Aspara

Arisa Shirota

AKIRAM EN

 

4/21 SunFL9th anniv day 3 

「LIFE GOES ON」

OPEN: TBA

ENT: 2,500jpy +1 drink

 

LIVE PA :

Yoshio Kuge x Killer Bong × Yoko Higashino

Toshio Kajiwara x YPY

ENDON

ZVIZMO(tentenko x Atsuhiro Ito)

α AREA

SEASLUG(SUNGAxyudayajazz)

ifax!

CMBB

Koinopineapple

Kenjirubien

 

DJ :

Keiji Yamabe

Chee Shimizu

AKIRAM EN

 

VJ :

Ukishita Daisuke

 

The other side of the coin

4.23 day1 「In and out」

4.26 day2 「Rumble #7」

4.27 day3 「TREKKIE TRAX vs TECHNOWOLF」

4.28 day4 「SACRIFICE」

4.29 day5 「browny」

4.30 day6 「IN HA」

5.02 day7 「ideala」

5.03 day8 「LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS」

 

 

-9周年パーティにあたって-

 

誰かに言われたわけでもなく、当時意気投合した仲間で始めたこの店も9年の月日が流れました。数多の現場を踏破して、苦い思い出も楽しい思い出も山ほどあるなかで、なぜ続いているのか自分達もわからないと思うのですが、そのこと自体不思議なことだと思います。敗者の感覚ってのが普通にあって、少数者であることには非常な屈折した感情を持っていますが、時に力になりまた意固地な気持ちにもさせるその感情は今も残っています。その上で、続けることの意味や意義を考えた時、その屈折の先にある世界を想像し、昨年度は少しだけ店の在り方を変えました。

 

その流れも踏まえ、純粋な店企画である三つのパーティーを組みました。また、長くお世話になっている友人が現場に遊びに来た時に企画をお願いしたり、ちょうど問い合わせがあったパーティーにせっかくなので冠をつけさせてくれとお願いした企画もあり、結果的に盛大で私たちにとって挑戦的な企画が目白押しになりました。

 

それで、告知が遅くなってしまい関係者の諸兄には恐縮ですが、多忙さにかまけて進められなかった事情もあり、また、ことあるごとにみんなで周年の内容を話し合って企画ばかり膨らんでしまい現実に落とし込めなかったといのも事実です(まったく相変わらず、といった感じですが)。そのディスカッションの過程で、直接的な感じではないけれど未来の話をいっぱいしました。困難な話も山ほどありますが、これからも少数派の矜持を保って日々の現場に私たちのパーティー感覚の本気を詰め込んでいきたいと思います。

 

思い返せば右も左も上も下もわからず始めたこの空間も、九年の月日が流れました。キックオフするにあたって先輩がこんなアドバイスをくれました。「なにをするにも10年成り立ったらようやくそこがスタートラインだよ」。当時は全くピンとこなかったこの言葉の複雑な味を噛み締めつつ、来るべき10周年とその先に向かっての第一歩がまた始まるように感じます。諦めたことも課題もいっぱいですが、過去と未来に接続された平明な地平にしっかり立ち、空間が歳をとることに裏打ちされた豊かさに誠実に反応する柔軟さを忘れずに。なんだかんだで続けるしかないよねって感覚をベースに、でも・・・どうせやるなら今日もまたちょっとだけ良くしたいよねって欲張る程度に頑張って、今日も現場の扉を開けるのです。LIFE GOES ON。「出会うべきものはいずれ出会う。(AA)」

 

フライヤーは浮舌大輔、エントランスのデコレーションの更新は例年のワッキー、店舗内の装飾はiFax!とNxOxTにお願いしています。企画の内容は告知を参照願います。文章はNapalm[K]が書いています。

 

幡ヶ谷フォレストリミット スタッフ一同

 

forestlimit 9th anniversary parties. LIFE GOES ON 詳細

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE