Yegorka Interview

ベルリンは永遠でもあるが、同時に存在もしない。

 

by Hee-Seong Han

 

Yegorkaは、Halcyon VeilからEPをリリースし、Elysia CramptonとのコラボレーションツアーやNON Worldwideのコンピレーションアルバムへの参加など、長年刺激的な活動を続けて来たWhy Be として知られるTobias Leeと、M.E.S.H.、 Lotic、KABLAM、Why Beと言う錚々たるメンバーをレジデントとして抱えるベルリンの最重要イベント、Janus主催のDan DeNorchによって作られた新レーベルだ。Yegorkaは2018年6月にリリースされたUli Kの『Uliverse』を皮切りにスタートし、これまでにUli Kに加えOxhy ft. Elysia Crampton、 Cyphr、 Bod [包家巷]による計4作品をリリースしている。今回は私の友人でもあり、Yegorkaの創設者の1人であるTobiasにYegorkaや2人が住むベルリンについて話を聞いた。

 

interview by Keita Sekihara

 

 

– 今何してる?

 

Tobias Lee(以下、Tobias) – ちょうど起きたとこ。15分くらいで準備できるよ。

 

– おはよう。

 

Tobias – ちょっと昨日の酒が残ってるけどやろうか。

 

– (笑)、でもちょっと酒残ってるくらいの方がインタビューやりやすいんじゃない?

 

Tobias (笑)

 

– じゃあ始めに、Yegorkaはどうやって始まったの?

 

Tobias Danが去年の春あたりに彼の新しいレーベルを一緒にやらないかって声かけてきたんだ。彼はJanusをやっていて、流通とか裏方仕事に慣れていたから、そこに僕のアイディアを加えただけですぐ始められたよ。

 

– Danとは長い付き合いなの?

 

Tobias 彼が6年前に僕をJanusにブッキングしてくれたのが始まりで、それから色々一緒にやってるね。僕の初めての本格的なツアーはDanが一緒に企画してくれたんだ。

 

– 仲良いよね!Yegorkaの話に戻ると、Tobiが加えたアイディアはどんな感じ?もっと言うと、Yegorkaのコンセプトとかある?

 

Tobias はっきりと言えるのは、既に誰かが上手くやっているようなことをするためにレーベルを始めたわけではないという事。僕自身とか僕の身の回りの人達は色々違ったことを試すのが好きな人が多くて、そういう人の新しい側面や普段やっていることとは違った側面を見せられるような大胆で勇気あるレーベルが欲しかったんだ。作品が力強く信頼できるものであれば誰が作ったとかどんな見た目だとかはそこまで気にしないね。

 

– 素晴らしいね。これまでのリリースを聞くと儀式的だったり祈りのような、神聖な雰囲気の音が使われている曲が多いように感じたんだけど、それは意識的な事?

 

Tobias あーあんまりそのことについて考えたことがなかったけど、言われてみると確かにそうだね。そういう印象はすごくいいと思う。

 

– これまでJanusやWhy Beは実験的なクラブ・ミュージックの文脈で知られていたと思うんだけど、Yegorkaの作品たちはクラブや人を踊らせることに重きを置いているわけじゃないよね。

 

Tobias 違うね。クラブを意識している訳ではない。

 

– それは最近の気分?それとも元々やりたかったことの一部なの?というのも個人的にDeconstructed ClubとかPost Clubって呼ばれていた種類の実験的なクラブ・ミュージックが実験的なものというよりは1つの新しいジャンルとして確立されてきて、今はそういう音楽を作っていた人達が新しい方向性を模索してる時期だと思うからなんだけど、それについてはどう思う?もし同意するならそういった時代の流れはYegorkaとしてやることに影響してる?

 

Tobias 正直に言うと「クラブ・ミュージック」が僕のやりたいことであったことは無いんだ。誤解を招きそうな言い方ではあるけど、「クラブ・ミュージック」って聞くと年寄りが電子音楽を全部テクノって呼んだり、酔っ払ってめちゃくちゃになって音楽そのものにそこまで注意を払わない感じがするじゃん。

 

– 俺は言いたいことわかるけど、Tobiを知らない人からは怒られそうな言い方だね(笑)じゃあWhy BeやJanusがやってきたような音楽はどういう言葉で表現する?

 

Tobias うーんそれは難しい質問だね。かなりダサく聞こえるかもしれないけど、昔デンマークに『Music For Dreams』っていうレーベルがあって、その名前を僕らのやっていたようなことを呼ぶのに使いたいかな。そのレーベル自体は2000年代のラウンジ・ミュージックみたいな感じなんだけど。

 

– それすごいTobiっぽいね。子供の時そのレーベル聞いてたとか?それともただ名前が好きなだけ?

 

Tobias すごい小さい時にそのレーベルのコンピレーションアルバムを買ったことがあって、その時からこの名前が強く記憶に残ってるんだ。

 

– 確かにいい名前だね。最初のUli KはEPだったけど他はシングルというか1、2曲単位のリリースだね。それには何か理由はある?

 

Tobias うん、まずこのレーベルで一番やりたかったことが、殻を破ってその人が普段やり慣れている事と違う事に挑戦させるように仕向ける事で、その目的から自然とシングルに落ち着くことが多いかな。作ってる本人もどうなるか分からない新しい挑戦をする時にアルバムとかボリュームのあるリリースはお互いやり辛いでしょ?(もしそれがかっこよければボリュームに関わらず出すけどね)そういう理由から新たな挑戦の第一歩としてシングルになることが多いね。かなり野心的で期待できるリリースがこの先決まっていて僕も楽しみにしているよ。

 

– おー最高!楽しみにしてるよ!さっき言ったようなことはアーティストには言葉で伝えるの?それともみんな雰囲気から察してくれるのかな。

 

Tobias 唯一最初のUliのリリースの時はどういう方向性でいって欲しいかイメージがあった。というのも彼が色々な事を試していてリリースされてない様々な種類の作品をいっぱい持っている事を知ってたからね。その他の人に関しては、各々がこっちの意図を汲み取って作品を持って来てくれたと思う。

 

– いいね。2人の住むベルリンについてもちょっと聞きたいな。数々の刺激的な音楽がベルリンから生まれてるけど、街やコミュニティとして制作意欲を掻き立てるような事はある?これまでたくさんのアーティストがベルリンに移住してるけど、安い家賃以外に何が特別?(家賃はもう安いと言えなくなって来てるっぽいけど)

 

Tobias ベルリンは永遠でもあるが、同時に存在もしない。ベルリンは色々な異なる時間軸や、色々なジャンルの音楽が並行して存在している場所で、常に何らかの理由で生まれた土地が嫌いだったり、その土地では満足できなかったような人々を多く惹きつけてきた。そういう移住者としての感覚はここにいる人達の仲間意識に確実に関わっているね。

 

「ベルリンは永遠でもあるが、同時に存在もしない。」ってとこもうちょっと説明してくれない?感覚的には分かる気がするけど上手く言葉に出来なくて。

 

Tobias その部分で言いたかったのはこの街はユースカルチャーだったりトレンドだったり、そういった特定の集団的な動きによって定義されている街ではないという事だね。

 

– もっと個人ベースで各々好きな事をやってるって事?

 

Tobias そういう言い方もできるね。「ベルリンは人が自分自身と踊る方法を知っている唯一の街」っていうのはかなり的を得た例えだと思う。

 

– なるほど!これで聞きたかったことはだいたい聞けたかな。朝からありがとう。これから朝食?

 

Tobias うーん食べるべきなんだけど二日酔いで、、空腹なんだけど食べたら吐きそうで怖い(笑)

 

– まあTobiは大丈夫っしょ。

 

Tobias (笑)<333

 

by Daylen Seu

 

<Original>

 

Yegorka is a relatively new label run by Tobias Lee aka Why Be who’s known for releases from Halcyon Veil, NON Worldwide and collaboration tour with Elysia Crampton to name a few, and Dan DeNorch who’s known as a founder of Berlin’s iconic party, Janus which holds M.E.S.H., Lotic, KABLAM and Why Be as its residents. Yegorka started with Uli K’s “Uliverse” release on June 2018 and had put out 3 more exciting releases with ‘Oxhy ft. Elysia Crampton’, ‘Cyphr’ and ‘Bod [包家巷]’ so far. This time, I asked one of the founder as well as my friend, Tobias about Yegorka and it surroundings.

 

interview by Keita Sekihara

 

 

– Yo wyd?

 

Tobias – Yo Just woke up. I can be ready in 15 mins.

 

– G morning, sure!

 

Tobias – Yo im still drunk but lets go.

 

– hahaha That’s def better for interview. Lets go!

 

Tobias lol

 

– So firstly pls tell how Yegorka started.

 

Tobias Dan asked me around spring last yr if i wanted to collaborate with him on a new label. He had the whole logistic setup figured out from Janus, so i just had to plug my ideas into that

 

– Can u tell the history between u and Dan?

 

Tobias He booked me for a Janus party 6 yrs ago and we have been doing stuff together since. One of the first real tours i ever did was organized with Dan

 

– Cute! Going back to Yegorka, what kind of idea did u plug to dan/janus idea? Or more like what’s the concept behind Yegorka?

 

Tobias I def didn’t start a label to do what i feel like other ppl are already doing better than me. Most ppl i know (including myself) are doing many different things. I wanted a label that were ambitious about showing new sides of ppl, or any side really lol. As long as its authentic and strong i don’t really care too much about who u are or what u look like.

 

– Beautiful. So far, i felt many of the releases have ritualistic vibe in its sound. Is it intentional or it just happened to be like that?

 

Tobias Oh yh i never thought of that actually. Not intentional but i agree with u and that’s such a cool thing actually.

 

– I think Janus and u’ve been well known in relation to experimental club music, but Yegorka releases don’t focus on dance/club music.

 

Tobias Not specifically, no.

 

– Is it your current mood or just another side of u? I personally feel like experimental club music or some specific sounds called ‘deconstructed club / post club’ had developed to an established genre and it’s in a situation that it’s seeking for new direction. What’s ur thoughts on it? And If u agree, does it affect what yegorka do?

 

Tobias To be honest ‘club music’ have never been my mood cuz what the fuk is ‘club music’, its like old ppl calling every kind of electronic music ‘techno’, u can drink/have fun/get fucked up/become deaf to any kind of music.

 

– hahahah So how do you describe the music that u and Janus have been doing?

 

Tobias uf thats a tough one. There’s an old danish label called ‘Music For Dreams’. Super wack reference but i think that’s what i wanna call it. Its like lounge music from the 00s.

 

– cute i get what u mean. Did u used to like them as a kid or just the name?

 

Tobias I bought some of their compilations when i was very young and the name just stuck to my brain

 

– nice it’s a good name. The first Uli K’s release was an ep but so far, the releases are mostly single or short length package. Is there any reasons behind it?

 

Tobias Well since one of my main motivations is to push ppl out of their comfort zone, singles have often been the outcome. If ppl are gonna try something new that they are not fully sure of themselves, u rarely see anyone spit out a block of music (tho i totally wud release that if it’s dope). So it often ended up being singles or 2 tracks trying this new direction. We have something really ambitious coming up tho, that i’m super excited about.

 

Wow can’t wait for that one! Did you tell the artists these stuffs or did they just get it from the vibe?

 

Tobias It was only Uli’s release where i knew what direction i wanted to push it in, simply cuz i knew that he made so much different shit that no one ever bothered to release. For the rest of the ppl we have worked with, i think they simply just got the vibe.

 

– cool! Also wanna hear little bit about Berlin. There are so many great music coming from there, is there any tight-knit feeling as a city/community to enforce the creativity? Is there anything that attracts ppl to move there besides the cheap rent (seems not cheap anymore tho)?

 

Tobias Berlin is forever but also never. There are so many parallel timelines and  genres happening at the same time. Berlin will always attract ppl that, for whatever reason, didn’t like where they’re from or didn’t get what they wanted. That’s def something that tie everyone together here.

 

– Agree. Can u explain ‘Berlin is forever but also never’? I kinda get what u mean but cannot put into words.

 

Tobias By that i meant that this city is not depending on certain movements in youth culture or trends.

 

– It’s more individual based?

 

Tobias In a way, yes. Berlin is the only place where ppl know to dance with themselves. That’s a pretty accurate metaphor of how shit is here.

 

– Got u! I guess i got answers for what i planned to ask. Thank u for taking time! Ru gonna have breakfast now?

 

Tobias Ugh i shud. But my body still feels hungover. Starving but also afraid im gonna throw up lol.

 

– No u r strong

 

Tobias hahaha <333

 

category:FEATURE

tags: / /

RELATED

  • 2019/03/15 TYOSiN Interview アンダーグラウンドから更新される日本のシーン。     アンダーグラウンドは、常にオーバーグラウンドよりも先に新しいムードを持っ […] Posted in FEATURE
  • 2019/03/14 Lugh (C.A.N.V.A.S.) Interview コレクティブの成長と連携のためのツール。     ロンドンでイベントとしてスタートしたコレクティブC.A.N.V.A.S.は、クラブミュ […] Posted in FEATURE
  • 2018/06/07 ひかりのラウンジ、オーナー神谷大介|インタビュー 愛知県は岡崎市にあるイベントスペース、ひかりのラウンジ。未だ謎に包まれた電子音楽シーンの新たな聖地の過去と今をオーナー神谷氏と共に振り返る。   &nb […] Posted in FEATURE