Vein『Errorzone』

ボストンのハイブリッドなハードコアバンドVeinの1stアルバム『Errorzone』。

 

 

日本ではカオティックハードコアというジャンル名があったが、世界ではそれは所謂「メタルコア」やそのサブジャンル「マスコア」というものに当たるとされている。細かく言うと括る幅が変わってくるが。

 

マサチューセッツ州はボストンのバンドVeinもその文脈で語られるバンドである。2013年結成のVeinは、これまでにもEPで注目を浴びていたが、今年ついにリリースされたデビューアルバム『Errorzone』で期待を上回るパーフェクトな作品性を世間に提供した。1曲目でいきなり、ジャングルのパターンが入ってきたり、得意のギターの高音のアクセントを多用、頭が混乱するような展開。それらは同郷であり、重鎮のConverge、The Dillinger Escape Plan、レジェンドBotch、それら先駆者達の系譜を受け継いでいる。特にConvergeの影響は濃いようだ。意外とキャッチーな曲が多いことがフレッシュさを感じる。そしてCave InやDeftonesを思い起こさせるパートがあるのが個人的に熱い。

 

そしてハードコアという世界を超えて別のシーンにも届き始めているようだ。現在彼らは、インダストリアルとトラップのハイブリッドアルバム『N/O/I/S/E』をリリースしたGhostemaneのツアーに参加しているのである。こういうのは興奮しませんか。

 

View this post on Instagram

THESE SHOWS WILL BE FUCKING LOUD & UNRESTRAINED // SELLING OUT QUICK 🖤🔪 TICKETS @ GHOSTEMANE.COM/TOUR

A post shared by Ghostemane (@ghostemane) on

 

 

 

category:FEATURE