ENG JPN

shameの早すぎるクリスマスソング

再来週来日を果たすサウスロンドンのshameがクリスマスソングをリリース。早い。

 

 

shameは2016年の『The Lick』のMVで認識したのだが、このMVはMica Leviが手がけていたのを覚えてるだろうか。

 

今年デビューアルバム『Songs of Praise』をリリースし、再来週11/8(金)に新代田Feverにて初来日公演を行う。ゲストはKlan Aileen。今回の来日公演では『Songs of Praise』の限定100枚のピクチャー盤の販売も予定されている。公演の詳細はこちら

 

 

昨日NTsKiがサマーソングをリリースしたのに対し、shameからはクリスマスソングが届いた。ちょうどいろんな四季を同時に感じる時期なのだろう。『Feliz Navidad』は1970年にJosé Felicianoがリリースした楽曲のカバーで、スペイン語圏で最もポピュラーなクリスマスソングの一つとのこと。スペイン語が流暢なドラマーのCharlie Forbesがコーラスのリードヴォーカルをとっている。

 

 

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more