ENG JPN

Basic HouseとWanda Groupがコラボレーション

Opal TapesよりファウンダーBasic Houseと、Wanda Groupのコラボレーション作品がリリース。

 

 

イギリスのアンダーグラウンド最重要テクノレーベルの1つOpal Tapesがこのところ、コラボレーション作品を立て続けにリリースしている。Of HabitとDane Lawの作品『Empty Gesture』、Chafik ChennoufとKatsunori Sawa(Opal Tapes初の日本人!?)の作品『For The Mimics』、そして今回のBasic HouseとWanda Groupのコラボレーション『No Sympathy』である。

 

Stephen BishopことBasic HouseはOpal Tapesのファウンダーである。昨年はHelmのAlterからも作品をリリースし、レーベルのファウンダーを行いながらもミュージシャンとしてのリリース数も多い。Louis JohnstoneことWanda Groupは2016年作『Central Heating』以来のOpal Tapesからのリリースになる。

 

今回の『No Sympathy』はBandcampでデジタルのみの販売になっている。購入はこちらから。

 

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2019/11/21

ソウルのコレクティブ〈Free Collision〉のDohyotaが展開するアンダーウェアブランド「Dohyo」

ファーストルック公開 more

2019/11/18

Road to Thunderdome 2019

ハードコアを愛するレイバーたちの楽園
 more

2019/11/05

Malibu interview

鳥の群れ、海に降るチェロの豪雨
 more